スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーダラ 
サンケイホールブリーゼにて、『ニッポン無責任新世代』を観劇。

007000000004.jpg

♪とかくこの世は無責任 コツコツやる奴ぁご苦労さん♪
…昭和のニッポンのコメディアン・植木等主演の映画「無責任シリーズ」を舞台へ。
後藤ひろひとが作・演出し、平成の日本に新たな無責任男が誕生!
主演は原田泰造…って、どうですかコレ? めっちゃ惹かれる組み合わせでしょう。

出演は星野真里、真琴つばさ、黒部進、佐戸井けん太他。
中村中が劇中歌を作曲し、自らも出演して歌う。
そしてそして、我らがバッファロー吾郎・木村明浩!


私、泰造さんの演技を見るのは敢えて避けていたのですが(理由があるのよ)
観に行っちゃいました。 だってさ、後藤ひろひと大王の作品でさー、
直感的に、これ絶対面白くなるだろうなぁって。

いやぁ〜笑いました。 とってもハッピー。
何の根拠もないのに「大丈夫だって」「心配ないよ」と笑ってみせる
無責任男・百均(くだらひとし)の魅力に、どんどん引き込まれて。
あり得ないでしょ!と思いつつも、奇跡を期待しちゃうんだな。

無責任男。
そう言うとネガティブなんだけど
泣いている人を助けて、周りを笑顔に変える
どこまでも前向きなエネルギーを持つ、そんなヒーロー。

やらないで後悔するより、やって後悔しよう。
今日がダメでも、明日が良い日ならいいよ。

今、私に必要なメッセージが込められていて
心が軽くなりました。

 
泰造さん、笑顔がとても素敵だった。
今回の作品は彼が主演という前提での当て書きだったそうで
いい加減な奴だけど憎めない男、というキャラクターがぴったりでした。
劇中の演出で客席に降りて来て、私の居た前列の席に座ったので
チョー近くで見つめちゃったー。 テレビで見るより色っぽい!

全身緑色のスーツを着ている泰造さんに
後藤さんが「吉本新喜劇の中條さんですか?」って。 アドリブだろうなぁ。
泰造さんはキョトン?としてたけど「いいの、こっち(観客)は分かってくれるから」って。
あはは、こういう事ねー。

20081022182628.jpg

劇中、木村さんの「絶好調!」という台詞で、ウケすぎちゃってすみません。
でも私以外のお客さんもリアクション大きかったぞ。 さすがお膝元。
「東京公演では…ねぇ…」だったそうですが(苦笑)

後藤ひろひと氏の作品は、そんなに沢山観ている訳じゃないんだけど
ファンタジーも、シリアスな痛みも、涙も、くだらなすぎるおバカも
その芯にある揺るぎないものが、私は好きだなーと思います。
人間の優しさ…愛だな、うん。

公演の様子、youtubeでちょこっと見られます。


よっしゃ! 元気出た! 明日があるさ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。